« 持久走大会 | トップページ | 威嚇するザリガニ »

2007年11月30日 (金)

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

11月21日発売の 「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」 DVDを買いました。

Photo もう 5作目ですね。

毎回思いますけど、

みんな 大きくなっちゃって。

すっかり母親の目で見てます。

Photo_2 今回の予約特典。

お店によって違うかな?

動くデスイーター人形です。

魔法の練習台になるヤツですね。

Photo_3 磁石で、

近づけると

くるくる回ります。

5

ハリー・ポッターシリーズは大好きで、映画も観て本も読みました。

賢者の石、 秘密の部屋 までは映画も良かったですが、

一番好きな話のアズカバンの囚人 あたりから解かり難くなってきましたね。

小説を読んでから映画を観る方が面白いです。

大人も充分楽しめる児童書という事ですが 子供の方は

話が飛んでしまう感じで今回はついていけてません。 うちだけかな?

もっとも 「千と千尋の神隠し」 や 「ハウルの動く城」 も

3回観ても理解出来ませんでしたけど。。。

前回の炎のゴブレット ではセドリックが死に、(好きだったのに・・・)

今回はハリーの名付け親で無き父の親友ブラックがあっけなく死に

次回の謎のプリンス ではついにダンブルドアも・・・。

著者のJ.K.ローリングさんも言ってますけど、暗く、残酷になってきました。

最後の章はいったいどうなるのかな~? 7巻は来年の夏の発売です。

楽しみな様な、終わるとつまらない様な。

|

« 持久走大会 | トップページ | 威嚇するザリガニ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

SPEEDもそうでしたけど、ハリポタもエマ・ワトソンがあっという間に、女の子から女になってしまうことに、「うつろう世の、もののははれ」を感じてしまひ、ひとり涙するおじさんでした。(^^ゞ

投稿: おます♂ | 2007年11月30日 (金) 07時02分

>おます♂さん
あはは、そっちなんですね。
女の子は特にそうですね~。悲しい様な、寂しいような。
自分が歳をとっていく事に気が付いて愕然とする様な。。。

投稿: チェリンママ | 2007年11月30日 (金) 09時23分

「もののははれ」→「もののあはれ」
逝ってきます_| ̄|○_| ̄|.............○

投稿: おます♂ | 2007年11月30日 (金) 09時28分

>おます♂さん
修正した方が良いですか?
「感じてしまひ、」は、いいんですよね?
逝くんですか・・・。
いいか、このままで。

投稿: チェリンママ | 2007年11月30日 (金) 09時59分

中三の三女が大ファンで、せがまれて7巻のDeathly Hallowsを四苦八苦して訳してます。やっと半分ほど読んだけど・・・フフフ、前半でもう重要人物がひとり死んじゃったよ・・・だぁーれかなぁ?・・・・・・教えてあげないよ。

投稿: ちーやん | 2007年11月30日 (金) 12時31分

>ちーやんさん
ええー!「死の秘宝」ですね!?す、すごい!!
訳せるなんて、ちーやんさんってやっぱ只者ではない・・・。
頭の良い人とは思っていましたが、なんてことだぁぁ。
今までの失礼をお許し下さい!で、死んだのは誰なの!?

投稿: チェリンママ | 2007年11月30日 (金) 12時49分

実は本も映画も未体験です。
時代から取り残されてます><

投稿: おのパパ | 2007年11月30日 (金) 20時32分

同じくハリポタ全然わからないです(汗)
千と千尋はわかりますョ(^^;

投稿: かぶくわ-t | 2007年11月30日 (金) 23時04分

>おのパパさん
なにをおっしゃいますやら・・・。
時代の最先端を行ってるお方が、ハリポタに興味なく
たって普通ですよぉ。
何でもよくご存知のおのパパさんに未経験があって
安心しました。^^

投稿: チェリンママ | 2007年12月 1日 (土) 04時21分

>かぶくわーtさん
かぶくわーtさんまでそんな。
他の事はたくさんご存知ですよね~。
おっ と言う事は、おますさんの言う「お父さんブタ」
も分るんですね!フフフッ。

投稿: チェリンママ | 2007年12月 1日 (土) 04時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473620/9155143

この記事へのトラックバック一覧です: ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団:

« 持久走大会 | トップページ | 威嚇するザリガニ »