フォト
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

  • 実家の猫

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ゲンゴロウとメダカ | トップページ | イキヒラタ »

2011年3月 2日 (水)

プリムリ、開花!

Photo_9

蕾の状態で おます♂さんから頂いたプリムリフロラのローズ

咲きました~。ヽ(´▽`)/

一時はカビが生えたりしてハラハラしましたけど、八重咲きで可愛いですね。

Photo_10なんと

次の蕾も出てきてる~

がんばれっ

Photo_11

Photo_12 ムシトリスミレも元気です。

今度は大丈夫みたい。。。

« ゲンゴロウとメダカ | トップページ | イキヒラタ »

植物」カテゴリの記事

コメント

おお、よかったね。メキシカンの葉っぱの感じからすると結構室温が高いみたいですね。暖房が効いてるんですかね。まあ、どちらも大丈夫そうですな。ちなみにプリムリもムシトリスミレですからね(^_^; アハハ…

>おます♂さん
はい!ありがとうございます。
ず~っとお花は咲いてる状態で、どこで満開?とするのか迷いました。少々開き過ぎだったかも。。。
葉っぱ見て室温が高いとかわかるものなんですね。
特に暖房効かせてませんけど、狭いリビングなので暖かいのかも。
んー、全部ムシトリスミレなんですねぇ。
メキシカンとかピンギとか、さっぱりです。

ムシトリスミレは和名の総称で、学名がピンギキュラです。オオクワガタガタとドルクスの関係と同じです。
何タイプかありますが、プリムリフロラは北米を中心に分布する湿潤な環境を好むピンギキュラなので、アメリカンピンギとマニアの間では呼ばれています。その中でもプリムリは葉っぱの先に不定芽という子苗ができるので、非常に増やしやすくて入門種となってます。
メキシカンピンギはメキシコ中南米に分布するピンギキュラで比較的乾燥を好む仲間です。この仲間は葉っぱを付け根から外して、鉢の上に放置しておくと、付け根部分から新しい子苗が出てきて増やすことができます。
実は日本にもムシトリスミレは自生していて、通常マニアは学名のマクロセラスという名前で呼んでいます。高山性なので栽培が比較的難しく、初心者向けではありません。それ以外にコウシンソウというムシトリスミレがありますが、こちらは特別天然記念物で基本的には栽培できません。
欲しいけど(^_^; アハハ…

いやぁ、おめでとうございます。やればできるもんですね。
・・・で、咲いたら賭けてみようっていう例の件はうまくいったのですか?

>おます♂さん
なるほど、ピンギは学名なのですね。
ムシトリスミレも色々な種類があって、今まで頂いたのが何だったのやら。。。でもおますさんが私に選んでくれたんだから、簡単なハズだったのでしょうね~。
しかし、このプリムリが入門種とは信じ難いですぅ。
今にも葉が腐って無くなりそうで、危ない感じです。

>ちーやんさん
ええ、今まで隠してましたけど、やれば出来る子なんですよ。
花が無事に咲いたから、賭けてもいいかな~?

水タポタポにして、ラップ巻いてるんだよね?
なんで具合悪くなるのかな?わかんないなあ。

>おます♂さん
ポタポタと言うか、ヒタヒタでラップで無くペットボトル被せていたんですけど、今はやめちゃいました。
あ、枯れたワケじゃないので~。。。
でもおますさんとこの写真と比べると、緑の色が全然違うのよねぇ。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プリムリ、開花!:

« ゲンゴロウとメダカ | トップページ | イキヒラタ »